わ を はじめていこう

ここ数日、わあいでは
震災、原発から避難される
放射能の被害を受けやすい
小さなお子さんのいる家族
を優先に受けいれはじめました。
20数人のひとたちと暮らす中で感じたことがあります。
こどもたちとの創造を暮らす至福と
遠く離れた地での悲しみ
両方を味わいながら暮らしています。
◇ そして
ここでは 未来の社会が はじまっている
と感じています。
そのリーダーは こどもたちです。
ぼくたち おとなは こどもたちの
喜び 笑い の パワーに
どんどん 力づけられています。
これが 日本を たてなおす力になるのです。
遠いはなれたところ に暮らすぼくたち。
できることは
子どもたちと おとなたちと
こういうあたらしい感覚で生きていくことだ!
と深く感じています。
原発の破綻は、現代のやりかたの終焉を意味していると思います。
市民による新しい社会づくりを模索していくときです。
それは
持続可能な暮らし
うそのない 正直なきもちをわかちあえる暮らし
こころから わかちあえる助け合える暮らし
なにもなくても至福な暮らし
を目の前の暮らしで実践していくことです。
困っている人の支援と同時に
原発やお金に過度に依存しない
新しい社会のひながたづくりを
みんなで集まり
話し合い
模索していきましょう。
廃材天国の秋山ファミリーはじめ
四国のなかまで集まって
四国のいろんな方とつながって
受けいれる体制づくりを
していこうとしています。
わたしやります!
という方の
参画をお待ちしております。
とりあえず 急ですが
あした わあい で集まることになりました。
時間は未定です。
たぶん昼、夜、2回です。
このムーブメントに参画されたい方
来れなくても今後参画したい方
遠くからネットワーキングしていきましょうという方は
メッセージください。
おおきいわになっていきましょう!
みんなで話し合って
ひとりひとりの個を活かしながら
できることを地域から考えていきましょう。
大屋敷和貴
090-4780-9634
oyashiki@gmail.com
This entry was posted in まじめなはなし. Bookmark the permalink.

Comments are closed.