わあいでは地震,原発からの避難を受けいれます。

いのちが最優先!
今、福島原発で、放射性セシウムが検出されています。
炉心にある核燃料の一部が溶け出たとみていると発表されました。
最悪の可能性
メルトダウン「炉心溶融」になる可能性がでてきました。
マスコミまで報道しはじめました。
毎日新聞ニュースによると
地震:福島原発「炉心溶融」の可能性も セシウムを検出
http://mainichi.jp/select/today/news/20110312k0000e040090000c.html?inb=tw
福島第一原発1号機、溶融開始か 爆発的な反応の恐れも(朝日新聞)      http://j.mp/fp83T8
Gigazine
【速報】福島第一原発1号機の核燃料が溶け出した可能性
http://gigazine.net/news/20110312_nuclear_fukushima_melted/
冷静に見守ろう、とにかく避難したほうがいい
いろんな意見があります。
【原発情報】東京大学の関村直人教授は「燃料のごく一部が溶けて漏れ出たと思われるが、原子炉はすでに停止している上、冷やされている状況だ。ほとんどの核燃料は原子炉の中に収まっているので冷静な対応をお願いしたい」
メルトダウンになるとどうなるのか以下のHPで描かれています。
引用
http://cosmo-world.seesaa.net/article/125938198.html
★★★★★★★★★★★★★★★
いったんメルトダウンが起きると、超高温の金属の固まりとなった燃料棒は炉心を突き抜け、炉心外に落下する。この灼熱の炉心が水蒸気と反応すると10トン爆弾に匹敵する水素爆発を起こす。
また、周囲の水に触れると、水は瞬時に沸騰し急激な体積膨張、すなわち、水蒸気爆発を起こす。その結果、水素爆発や水蒸気爆発による爆風が格納容器を破壊し、内部の 「死の灰」を大気中に噴出することとなるのだ。
恐ろしいのは、原子炉の1機がメルトダウンすると、他の原子炉に飛び火して、数機が同時多発的に爆発する可能性があることである。
問題は、外に飛び出した死の灰が、一体どのくらいの速度で首都圏にたどり着くかという点である。古長谷氏は著書の中で首都圏全体を放射能が包み込むまでに要する時間を約8時間だと述べている。(←浜岡原発の場合)
となると、首都圏で生活している人々が降灰までの間に危険エリアから脱出する時間はわずかしかないことになってくる。
気がついた時には、
車にしろ電車にしろ移動はほとんど不可能になっているはずだから、
電力や政府筋の発表など待っていたらとうてい間に合いそうもない。
★★★★★★★★★★★★★★★★★
引用終わり
ぼくは やばい可能性があるなら うごいたほうがいいと感じています。
とりあえず
なによりも
いのちがだいじ!!!!!!!
なので
やばいかもと感じている人
不安に感じる人は
どんどん西日本へ
いきましょう!
不安をあおりたいのではないです
なんにもなかったとしたら それはそれ! 旅を楽しみましょう。
なにかあってからでは、遅いのではないでしょうか?
大発表があって
みんなが一斉に動く前に 動いたほうが
少しでも
ラッシュ、混乱、パニックを避けられるので
あとから来る人のためにもなります。
東電も保安院も「想定外の事態」と認めています。
原発に関しては、常に「最悪の事態」を想定した
情報開示と避難指示が必要なのに、そうなっていません。
友達をたよってください。
ぼくたちは
わあいで受けいれます!
大屋敷和貴まで連絡ください。
090-4780-9634
087-890-2262
oyashiki@gmail.com
http://0ai.jp
香川県高松市塩江町安原下第3号581-2
テントもあるので
50人くらいまで
暮らせます。
どんどん来てください。
ほかにも
四国はあったかい受け入れ先があります。
関西や九州もいいです。
やばいかもと思ったら
とりあえず
動こう!!!
動いてから行き先を考えてもいいでしょう。
ほんっとうに
いのちをたいせつにしてください!
こころからのねがいです。
みなさまのご無事をこころよりお祈りしております。
This entry was posted in まじめなはなし. Bookmark the permalink.

1 comment

  1. twitter で、避難の受け入れをされていることを知りました。
    素晴らしいです!色んな不安に負けず、みなさん一丸となりがんばってください!

    何か出来る事がありましたらお知らせください。

    Hands of Aloha
    terry & kayoko