わあい滞在申し込み

わあい体験
わあいでは、日々の暮らしの中で学んでいきます。
わあいでのわいわい楽しい暮らしを体験したい方を受け入れています。
わあいは
子供の心を持ち続けている大人が
子どもたちが
大きな家族と共に暮らす中で
ほんとうの自由な自分らしさを発見し
自分らしいライフスタイルや天職を見つけて
すべての存在が大切にいたわりあう
ほんとうに自由で、持続可能な暮らしへ
ライフスタイルチェンジするためのむらです。
自由にのびのび暮らして
人生を自分を学びたい親子、若者に遊びに来てもらいたいです。
長期滞在も歓迎です。

 

◎わあいでの暮らしの流れ


おそうじ
わの舞
わかちあい
ごはん


あとは自由な時間
畑をしたり
川に遊びにいったり
つくったり
働きにいったり
お昼ねしたり
各自自由に時間をつかっています


ごはん
わの舞
わかちあい
消灯 22時ごろ

みんなと心地よく暮らせるように、
できるだけ、滞在される方はこの流れでの暮らしをこころがけをお願いします。
無理なくできる範囲で大丈夫です。

 

◎わあいでの学び
1。天職 自分らしさの発見
・自由な暮らしの中で、自分らしさ、本当にやりたいことを発見し、磨いて、天職の仕事にかたちづくっていく。それぞれが得意なことを交換して循環する生活をしていく。2。わになって暮らす わになって、対話、踊り、ごはん、瞑想
・気づき、成長、創造していく

3。持続可能な暮らし
自然の恵みで暮らしていく知恵を学んでいく。野草料理、薪でのお風呂、ご飯など。

【わあいの滞在は、こんな人に向いています。】
◯わあいでの暮らしに価値を感じていている方。
◯今までの持続不可能な生活様式を続けるのではなく、心機一転ライフスタイルを変えていきたい方。
◯自分らしい暮らし生活を創っていきたい方。
◯大家族で仲良く暮らしていきたい方。
◯これを機会に人生を変えて行こうという前向きな方。
◯不満を人のせいにしないで、自分の責任と捉えることができ、コミュニケーションして、解決できる方。
◯食事は、基本的にゆるい菜食です。
※お肉、お菓子、お酒など嗜好品は個人で購入することにしています。別に調理することも可能です。
◯短期滞在の受け入れは大部屋・ドミトリーが中心ですが
長期で数ヶ月滞在予定の場合、個室を確保することもできます。
◯わあいの環境は
薪でお風呂を炊いたり、みんなで大家族でご飯を食べたり、大人もおもいっきり遊んだり、滞在している子どもも、大人も楽しい日々を過ごしております。
1週間くらい過ごすうちに「生きてる!」という実感を味わう方が多いようです。
大人にとっても、悩み、これからの夢を対話して成長し、人生の転機になる学び気づき ができる環境です。素晴しい友人関係が生まれています。
◯自立した人が助け合って、なんとか成り立っている空間ですので、
精神的に依存される方、精神疾患をお持ちの方は、受け入れが難しいこともあります。ご了承ください。

 

最新の現状をお伝えしますので、
お問い合わせ後、よかったら一度お電話ください。
よろしくお願いします。

 

わあい
〒761-1503
香川県高松市塩江町安原下第三号581-2
大屋敷和貴
TEL:090-4780-9634
oyashiki☆gmail.com
渡部将章
TEL:090-3789-1320
waai000saku☆gmail.com
◎あると快適に過ごせる便利な物
◯冬期
・暖房器具
◯夏期
・蚊帳
・タオルケット
◯通年
・洗濯干し
◯寄付していただけるとありがたいもの
・敷き布団カバー、掛け布団カバー、シーツ
【お問い合わせ/滞在申し込みフォーム】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文

Q1 滞在期間は、何日、何週間、何ヶ月くらいを希望されますか?

Q2 いつから、滞在される予定ですか?

Q3 家族構成を教えてください。滞在する人、滞在しないで残る人を教えてください。

Q4 わあいに滞在したい理由をお聞かせください。

最近、メールが届かないことがよくありますので
もし二日以内に返信メールがこない場合は
お手数ですが、下の連絡先まで
お電話いただくか、直接メールをいただけたら有り難いです。

〒761-1503
香川県高松市塩江町安原下第3号581-2
わあい 大屋敷 和貴
090-4780-9634
oyashiki☆gmail.com (☆を@に変えてください。)

1 comment

  1. 短期滞在がかないます様に!!